裁判所からの断行を避けるために

裁判所からの断行を避けるために

テレビや新聞、雑誌などで競売物件について書いてあるのを見たことがあり、その販売・取引価格はそのほかの同じような物件に比べて安いようですが、

その取引が一般のものと流れが違うためにどうしてもトラブルに巻き込ませそうに感じてしまいますし、前の所有者が立ち退き料など請求してきたり、

なかなか立ち退かなかったりとどうしてもマイナスイメージが強い感じがしていました。

また競売の流れとして最終的に立ち退きがあるのですがその立ち退きを断行するために、裁判所からの執行官のほかに立ち会いを専門とする業者やこの立ち退きに対してすばやい動きで行動する鍵屋や引越し業者も一緒にいますので、

この断行が行われる前にちゃんと立ち退きをしますので、引越し費用だけでも出していただけませんかと事前に交渉することの必要であり、

この断行が行われると費用が余分にかかってしまいますのでこの断行だけは避けたほうがいいと思います。

この断行を避ける方法として上記に書いたように費用だけでもと交渉する方法もありますが、そのほかにも方法がありますので、弁護士に相談することや、その専門業者に相談したほうが安心ではないでしょうか。

競売物件のメリット、デメリットとは

競売物件の購入を検討する際にどんなメリット、デメリットがあるのだろうと思い調べてみますと、最大のメリットは市場価格よりも安い値段で購入が出来ることで、

昔は現金一括の取引で主に不動産関係の人が購入していましたが、平成10年の民事執行法の改正によりこの物件の購入に対して銀行などの住宅ローンが利用できるようになり、

不動産関係者だけでなく多くの一般の人々が購入できることも挙げられます。

土地や建物といった不動産を購入する際は主に不動産関係の会社との取引となりますが、この競売物件の場合は裁判所が取引相手となりますので所有者の移転登記や抵当権などの抹消登記が確実に行われて、購入してからのトラブルが避けられることもメリットでしょう。

ただ、競売物件にもデメリットは当然のようにあり、それは物件についてちゃんと調べてから購入したいと思っていてもそれが出来ないことが挙げられて、

競売の流れを知ろう

また一般の物件は購入前にその物件を実際に見ることができますがそれがこの競売物件を購入する流れとしては無理なこともあり、

購入する際にとても不安になると思いますし、物件を購入する流れとしては期間が1ヶ月と短い事もあり、大変かもしれませんが、

もしかしたら自分の条件に合った物件が購入できるのかも知れませんので、購入を検討する際に検討してみるといいと思います。

Comments are closed.